大分県労働者総合生活協同組合の個人情報に関する方針を掲載しております

大分県労働者総合生活協同組合個人情報保護基本方針

大分県労働者総合生活協同組合

大分県労働者総合生活協同組合および関連会社の個人情報保護のための基本方針

 大分県労働者総合生活協同組合(以下「大分県総合生協」という。)および関連会社は、多くの組合員の個人情報を持ち、また職員の個人情報を保有して、組合員のくらしづくりに貢献するためにその情報を共有利用しています。
 大分県総合生協および関連会社は、個人情報の保護は個人の人権を守ることであり、かつ権利・利益の擁護であることを自覚し、そのために、一人ひとりの個人情報を組織的に保護する対策を講じます。このことは、私たちの社会的責任と認識しています。
 個人情報保護は、法律で決められたことを実施するだけでなく、情報のより安全な管理対策と取り扱う職員の意識改革なくして実現できません。私たちは、下記のような「行動方針」をかかげ、取り組むことを宣言します。

個人情報保護の方針

  1. 大分県総合生協に加入時、または加入後にご提供いただく個人情報については、予め利用目的をお知らせし、組合員の同意の上で業務に必要な範囲で収集させていただきます。個人情報を本人の意思に反して収集、利用、提供、預託することは、権利の侵害になるとともに生協として信頼を失うことになります。そのため、個人情報の収集、利用、提供、預託等の管理ルールを明文化し、個人情報の適切な管理を行います。
  2. 法的な要請等によらない限り、組合員の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、組合員の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理します。
  3. 個人情報は、提供いただいた方の権利に属するものであることを認識し、本人の請求によって、開示、変更・訂正、停止等の適切な対応を行います。
  4. 個人情報保護が保障され、維持される組織をつくるために職員の意識改革を含む、個人情報保護の法令遵守(コンプライアンス)プログラムの継続的取り組みを行います。

個人情報保護の具体的行動

  1. 法令およびその他の規範を遵守し、行動します。
    個人情報の取扱いに関して、個人情報保護法を初めとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、個人情報の取扱いに関する内部規定や業務マニュアルを見直し、それらに準拠して行動します。  
  2. 個人情報を法律に基づき、適法、適正に運用するために情報セキュリティ対策を構築し、大分県総合生協および関連会社の保有情報の漏洩、滅失、毀損、紛失、不正アクセス、ウィルス等防止対策を点検・強化します。
  3.  
  4. 保有データ(マニュアル情報も含む)の安全な管理(保管、管理、運用等)と管理責任者を明確にします。
  5.  
  6. 正確かつ最新の個人情報の保持に努めます。また、組合員の苦情に適切に対応し、組合員の開示請求に丁寧に応対します。
  7.  
  8. 個人情報の相談窓口を開設し、開示等の請求や苦情および相談の受付を行い、ご本人との合意での運用に努力します。
  9.  
  10. 役職員の教育、啓発活動に取り組み、自覚的、自律的な個人情報保護の組織体をめざします。
  11.  
  12. 取引先、委託先等に対しても、適法、適切に個人情報を扱うように契約の遵守を求め、規程にそった要請や点検を行い、監督責任を果たします。
 この基本方針を内外に公表することによって、自らを律し、組合員をはじめ各団体の方々から監視を受けながら取り組むことを明らかにするものです。

2005年 4月 1日

大分県労働者総合生活協同組合