大分県総合生協が大分で注文住宅をつくる流れをご紹介

大分県総合生協の住宅ができるまで

確かな技術とまごころのこもった安心快適な住まいづくりの流れをご紹介します。

①土地申込
①土地が決まりましたら、自由設計など平面(間取り)の打合・確定をしていきます。
間取り図打合せ
矢印
②立面(外観)打合
立面(外観・屋根の形)の確定をした後、外観CGを作成し、外壁のデザインを決めていきます。
外観CG作成
矢印
③地鎮祭(任意)
建築確認申請合格後、地鎮祭を行い、建築工事の安全を祈願します。
地鎮祭
矢印
④ベタ基礎
家全体を支える強度を重視したベタ基礎工法です。
ベタ基礎
⑤土台敷き(通気工法)基礎パッキン
基礎と土壌の間には防湿シートを敷き込み、湿気をシャットアウト。
土台敷き
矢印
⑥上棟
柱はKD材を使用しているので耐久性アップ

上棟
矢印
⑦内装工事
床にフローリング、壁にクロスなど、内部の工事を行っていきます。
内装工事
矢印
⑧設備工事
ご家族で選んだ水回りや照明など機器が備え付けられます。
矢印
⑨竣工検査
工事が終了したら、建物に不具合がないかのチェックを行います。
矢印
★竣工
ついに完成!お施主様にお引き渡しです

ついに完成!お施主様にお引き渡しですついに完成!お施主様にお引き渡しです